タクシーアプリGO 口コミ評判|GOは送迎料金高い?エリアやデメリット

 

タクシーアプリGOは、MoT(Mobility Technologies)が2020年に提供を始めたアプリです。

 

AIを導入しており、ユーザーと最寄りのタクシーをマッチングすることで、
より早く確実にタクシーに乗れるようになります。

 

これまでにすでに配信されてたタクシー配車アプリの「MOV」と「Japan Taxi」の2つが統合したアプリなので、
両方の提携タクシー車両に配車注文することができます。

 

タクシーアプリGO

 

ここでは最近注目のタクシーアプリGOについて、使い方やおすすめポイントなどについてまとめています。
実際に使っている人の評判なども載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

タクシーアプリGOとは?

タクシーアプリの「GO」は、株式会社Mobility Technologiesが運営するタクシーアプリです。

 

タクシーアプリGOを使うことで、指定した場所にタクシーを呼び出したり、
アプリ上で目的地を設定したり、決済を済ませたりすることができるため、
タクシー車内でのやりとりを減らすことができます。

 

 

わざわざ電話をかけてタクシーを呼ぶ必要がないので、
手間がかからず、電話代の節約にもつながりますよ!


一番近くにいるタクシーがすぐに来てくれる

タクシー到着までの時間が把握できる

アプリ内で決済(支払い)が完了で便利

送迎の日時指定も可能

新規登録でクーポンが貰える

 

タクシーアプリGOの基本情報

タクシーアプリGOに関する基本情報です。

運営会社 株式会社Mobility Technologies
対応地域 20都道府県
支払い方法

・車内決済
・GO Pay

対応スマホ Android/iOS
公式サイト https://go.mo-t.com/

 

タクシーアプリGOの対応エリア

タクシーアプリGOの対応地域は、以下の通りです。

北海道・東北 北海道、宮城
関東 茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川
信越・北陸 富山、石川
東海 岐阜、愛知、三重
近畿 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良
中国 広島
九州・沖縄 福岡

現時点で全国20の都道府県でサービスが提供されています。

タクシーアプリGOの支払い方法

タクシーアプリGOでの料金の支払いは、以下の2つの方法があります。

決済方法
  • 車内決済
  • GO Pay

車内決済する場合は、乗車するタクシーによって支払い方法が異なります。
そのため、タクシーに乗る前に確認しておきましょう。

GO Payとは?

タクシーアプリGO

GO Payとは、あらかじめ決済方法を登録しておくことで、
降車時の車内でのお支払いとレシートの受取が不要になるサービスです。

 

あらかじめGOへのGO Pay登録が必要になるため、
事前に登録を行っておきましょう。

 

GO Payでの支払いは、クレジットカード・d払いが対応しています。

デビッドカード、プリペイドカード、海外発行のクレジットカードは使用できません。

GO Payを利用する場合は、自動決済になるため、
降車時に支払いをする必要がなくなります。

タクシーアプリGOの口コミ評判について

実際にタクシーアプリGOを利用している人の口コミを集めてみました。
良い口コミと悪い口コミに分けて、ご紹介します。

 

タクシーアプリGOの良い口コミ

タクシーアプリGOの良い口コミ

良い口コミには、以下のような内容がありました。

  • 使い方がわかりやすかった。
  • すぐにタクシーに乗ることができた。
  • お得なクーポンが使えた。
  • Googleマップから配車できるのが便利。
  • 忘れ物をしたときに探しやすい。

タクシーアプリGOは目安の料金や到着予定時刻など、知りたい情報がわかりやすいため、
安心して利用することができます。

 

また、実際に乗車する際には、どのタクシーに乗ればいいのかナンバーが表示されるため、
乗り間違いの心配もありません。

 

さらに効率良く配車してもらえるため、いつもならば何分もタクシーがつかまらないような場所でも
すぐに乗車することができます。

タクシーアプリGOの悪い口コミ

タクシーアプリGOの悪い口コミ

  • 予約したときにお金がかかる。
  • タクシーの運転手がよくわかっていないことがある。
  • エリア状況によっては時間がかかることも。

タクシーアプリGOでは、配送するタクシー会社によって迎車料金が発生します。
迎車料金はタクシー会社によって異なり、一部のタクシー会社では発生しません。

 

また、新しいサービスということもあり、タクシー運転手が上手く使いこなせていない場合があります。
運転手が操作をよくわかっていないと、乗車しているほうも不安になってしまうため、
しっかり理解した上で、使ってもらいたいです。

タクシーアプリGO SNSの口コミ

とにかく来るのが早い

とても使いやすい

やりとり不要なのが助かる

 

タクシーアプリGOの迎車料金は高い?

 

 

タクシーアプリGOのメリット・デメリット

タクシーアプリGOのメリット・デメリット

さまざまな情報や口コミを踏まえた上で、
タクシーアプリGOのメリットやデメリットをまとめてみました。

タクシーアプリGOのメリット

メリット
  • 電話や支払いなどのやりとりが不要
  • タクシーをすぐに呼ぶことができる
  • 事前にだいたいの料金がわかる
  • タクシー会社を選ぶことができる
  • 乗車場所や降車場所を簡単に設定できる

タクシーアプリGOを使う場合、アプリですべての手続きが完結するため、
電話をかけて場所を指定したり、支払いをしたりといった手続きが不要になります。
運転手に目的地を告げる手間も省けます。

 

また、出発地点と目的地を設定すると、だいたいどのくらいの料金がかかるかも
知ることができます。相場を把握しておけば、遠回りされて料金が高くなってしまう恐れもありません。

 

利用したいタクシー会社を選べるため、迎車料金がお得なところを選ぶことも可能です。

タクシーアプリGOのデメリット

デメリット
  • 迎車料金・手配料金がかかる
  • 全国に対応しているわけではない
  • 最初は登録の手間がかかる

これはGOに限ったことではありませんが、タクシーアプリを使うと迎車料金や手配料金がかかってしまいます。

 

迎車料金は、指定の場所にタクシーを呼ぶための料金です。
そして、手配料金は日時を指定して予約したときにかかる料金です。
これらの料金がかかるため、乗り場から直接タクシーに乗るよりもどうしても料金が高くなってしまいます。

 

現時点、タクシーアプリGOが対応している地域は、全国20の都道府県です。
そのため、地域によってはまだ利用することができません。

 

また、初めてアプリを利用する際は、電話番号や氏名、クレジットカード情報など、
さまざまな個人情報を入力しなければなりません。
アプリをダウンロードすれば、すぐに使えるというわけではないので注意しましょう。

こんな人にはタクシーアプリGOがおすすめ

タクシーアプリGO

タクシーアプリGOは以下のような人におすすめです。

指定した時間にタクシーを手配したい人
料金の目安を事前に知っておきたい人
極力やりとりをなくしたい人

@指定した時間にタクシーを手配したい人

タクシーアプリGOでは、30分後から7日後まで、5分間隔で予約することができます。

 

そのため、電車などの時間がわかっていれば、あらかじめ駅で待っていてもらうことも可能です。

予約をキャンセルする場合は、無料で予約取り消しが行えます。

A料金の目安を事前に知っておきたい人

出発地点と目的地を設定することで、どのくらいの料金がかかるか事前に知ることができます。

 

初めて行く土地だと、どのくらいかかるのかわからないことが多いため、
大まかな料金がわかっていれば、安心して利用することができます。

 

また料金の相場がわかっていれば、遠回りして割増料金を取られる心配もありません。

B極力やりとりをなくしたい人

タクシーを呼ぶ際に、電話をかけるのが苦手という人も少なくありません。
また、目的地を正確に相手に教えるのが億劫という人もいます。

 

タクシーアプリGOならば、アプリ内で手続きが完結するため、
わざわざ自分で説明する必要がありません。

 

また、GO Payを使えば、乗車中に料金の支払いも済むためスムーズに降車することができます。

 

 

タクシーに関する時間のロスや
手間を徹底的に削減できるのが
大きなメリットですね!


タクシーアプリGOの使い方

タクシーアプリGO

タクシーアプリGOの使い方を解説していきます。

インストール

まずはタクシーアプリGOのインストールを行います。
アプリはAndroid・iPhoneのどちらにも対応しています。

 

アプリをインストールしたら、ユーザー登録を行います。
登録には携帯電話の番号が必要です。

 

電話番号を入力すると、SMSで認証コードが送られてきます。
送られてきた4桁の数字を入力しましょう。

 

それからユーザー情報を入力して、
利用規約とプライバシーポリシーにチェックを入れると登録完了です。

GO Payの設定

GO Payを使う場合は、そちらの設定も済ませておきましょう。
クレジットカードの情報を入力すればいいので、すぐに登録できます。

 

利用できるクレジットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

VISAとMastercardは国内発行のものだけが使用できます。
海外発行のものは使えないので注意しましょう。

タクシーの呼び方

タクシーの呼び方は2種類あります。

@今すぐ呼ぶ

乗車場所を指定して、すぐにタクシーを呼びます。
急いでいる場合は、こちらを使いましょう。

 

マップ上にピンを挿して「ここで乗る」をタップすればOKです。

A料金を調べて乗る

出発地と目的地を入力することで、事前にだいたいの料金がわかります。

 

「料金を調べて呼ぶ」をタップすると、
出発地と目的地を入力する画面に移ります。

 

そうすると、走行ルートが表示され、迎車料金なども知ることができます。

タクシーの乗り方

タクシーが確定すると、車両ナンバーやだいたいの位置、到着時刻の目安が表示されます。
画面を切り替えることで、車両の位置を確認することも可能です。

 

タクシーに乗る際は、運転手にアプリの登録名を伝えましょう。

 

GO Payでの決済にしていれば、目的地でそのまま降りることができます。

GO Payを使った場合、車内で領収書はもらえません。
アプリ内で発行して印刷することになります。

領収書の発行

車内決済をしていれば、通常のタクシーと同じように領収書を発行してもらうことができます。

 

GO Payの場合は、アプリで発行する必要があります。

 

アプリ内のメニューから
「利用履歴・領収書発行」
を選びます。

 

そこから発行すると、登録したメールアドレスにPDF形式で領収書が届きます。

タクシーアプリGOの注意点

タクシーアプリGO

タクシーアプリGOを使う際の注意点をまとめておきます。
これから利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

迎車料金がかかる

タクシーアプリGOでタクシーを呼んだ場合、迎車料金がかかります。

 

タクシー会社によって料金は異なりますが、
だいたい300円〜400円ほどの料金がかかります。

 

目的地を指定したときに表示される料金に、
この迎車料金がプラスされるため注意しましょう。

道路事情によってなかなかつかまらないことも

交通状況によっては、なかなかタクシーが見つからないこともあります。

 

また、呼び出す地域によっては対応しているタクシーが少ないこともあり、
なかなか呼び出せるタクシーがない場合もあります。

 

都市部や市街地・主要道路の近くならば、比較的すぐに捕まることが多いですが、
場所によってはなかなかつかまらないことがあるのは覚えておきましょう。

到着時間や料金はあくまで目安

アプリに表示される到着時間や料金は、あくまで目安に過ぎません。
実際の交通状況によっては、遅くなることもありますし、料金が変わることもあります。

 

渋滞に巻き込まれてしまうと、料金もオーバーしてしまうことがあるため、
注意しましょう。

「料金を調べて呼ぶ」でタクシーを呼んだ場合、
その時点で料金が確定するため、変動することはありません。

タクシーアプリGOのまとめ

タクシーアプリGOは、日本国内で最大規模のタクシー配車アプリです。
AIを導入しているため、スムーズにユーザーとタクシーをマッチングすることができます。

 

アプリ上で予定時刻がわかるため、
移動が多いビジネスマンにとって、便利なアプリとなっています。

 

他のタクシーアプリと比較しても、対応エリアが広く、
さまざまな機能が搭載されています。

 

今だとGOに登録するだけで、クーポンがもらえるので
気になる方は、ぜひ登録してみてください。

 

アプリの登録は無料でできますよ!

page top